塩サウナ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

塩サウナ(ソルティサウナ)の入り方/効能


塩サウナ(ソルティサウナ)とは

塩サウナ(ソルティサウナ)は、サウナ室内で汗をかきながら、皮膚に塩を塗布する入浴法のこと。
このページでは塩サウナ(ソルティサウナ)の効果的な入り方・効能をお教えしましょう。

塩サウナ(ソルティサウナ)の入り方


初めに

一般的なサウナは80~100℃設定されているのに対して、
塩サウナ(ソルティサウナ)は40~50℃に設定されていることが多いです。
サウナ室の温度が低いということは、汗をかくまでに時間がかかります。
塩サウナ(ソルティサウナ)で充分に発汗し、効果を得るためには、入り方に少し工夫が必要です。

入り方

塩サウナ(ソルティサウナ)に入る前に、湯に浸かるなどして全身を温め、
コップ一杯の水を飲んでおくことで、40~50℃のサウナでも発汗しやすくなります。
塩サウナ(ソルティサウナ)に入ったら、頭皮を含む全身にまんべんなく塩をのせます。

このときに、よくする間違いが、擦る・揉みこみ等です。
皮膚に過度の刺激を与えることによって、肌荒れ・かぶれの原因になるので注意が必要です。

塩をまんべんなくのせたその後は、腰掛けて汗が出るのをじっと待ちます。
発汗し始めると、全身に乗せた塩が溶けていきます。
塩が溶けたら、リンパに沿ってマッサージするのが効果的です。

塩が溶ける前に揉みこむ=マッサージする人が多いので勘違いしている人が増えるのでしょう。
正しくは、塩が解けてからマッサージをします。

塩が汗で溶けるまで、20分程度入るのが一般的です。
ですが、再三伝えている通り、我慢比べではないので、無理をせず入りましょう。
塩サウナ(ソルティサウナ)中に塩を追加して肌にすり込んでいる人を見かけます。
これは肌表面の塩分濃度が若干上がる程度で、効果的には大きな違いはありません。

入り方の注意点

塩は殺菌作用があるという点で効果的ですが、肌への刺激があるというデメリットがあります。
塩をのせる際に、目の周り、陰部、肛門などのデリケートな部分を避けましょう。
塩サウナ(ソルティサウナ)室内は椅子にも塩が付着していることがあります。
座る前に湯でしっかり洗い流すか、清潔なマットを敷いて、デリケート部分を守るようにしましょう。

入り方でも記載しましたが、発汗する前の皮膚に塩を無理に擦り込むことは控えましょう。
ダイエット効果を期待して揉みこんだり、強く擦ったりする人もいますが、肌を痛める原因です。
塩による肌荒れは、シミなどのトラブルを引き起こす可能性があります。
マッサージを行うのは十分発汗し、塩が溶けた状態になってからにしましょう。
塩サウナ

塩サウナ(ソルティサウナ)を出たら

塩が完全に溶け、肌がつるつるになったら、塩サウナ(ソルティサウナ)室を出て、
シャワーで塩と汗をしっかり流します。
しっかりと汗を流してから、休憩・冷水浴などをします。
塩がついたまま休憩・水風呂を行うのはマナー違反です。

塩サウナ(ソルティサウナ)の効果・効能


塩サウナ(ソルティサウナ)で毛穴につまった皮脂を出す

少量の塩を溶かした電解質溶液はタンパク質を溶かす力が上がります。
これを塩溶(えんよう)と言います。
この理由により、毛穴に詰まった皮脂を溶かすということです。
ここで注意するのが、塩が溶かすのではありません。溶解液です。
塩サウナ(ソルティサウナ)の場合発汗した汗と塩が混ざり、この効果を得ることができます。

塩サウナ(ソルティサウナ)で皮膚呼吸が活発になる

塩により、汗腺に刺激を与え皮膚呼吸が活発になります。

塩サウナ(ソルティサウナ)でダイエット効果

発汗作用があがること、皮脂をだすこと、余分なたんぱく質(ぜいにく)を溶かすこと。
これらの効果によりダイエット効果が得られます。
参照:サウナの医学的効能 ダイエット効果

塩サウナ(ソルティサウナ)で美肌効果

余分な、皮脂をだす、引き締めることによって美肌効果が得られます。
塩サウナ(ソルティサウナ)で美肌効果と、ダイエット効果が得られるということです。
塩サウナ(ソルティサウナ)の後は肌を潤わすとより効果的です。
ニキビ予防もできるタイプがより良いでしょう。
化粧水・洗顔はニキビケアができるものを使うとよりよいでしょう。
参照サウナの医学的効能ニキビ予防

塩サウナ(ソルティサウナ)で自律神経が整う

これは一般的なサウナにも言えることですが、塩サウナ(ソルティサウナ)浴(水風呂・外気浴を含む)を続けることにより、自律神経が整います。

塩サウナ(ソルティサウナ)で風邪がひきにくくなる

塩には殺菌作用があります。そのため風邪がひきにくくなります。
また、塩サウナ(ソルティサウナ)を続けることで体調がよくなり、自律神経が整うことによって風邪をひきにくくなります。


このページの先頭へ